浴衣のマメ知識~長谷川桜子

浴衣を着る前に知っておきたいこと

寝間着から夏の普段着へと変化した浴衣

浴衣はもともと「湯に入るときに着用した帷子(麻の単衣)」を指しました。これが浴衣の語源といわれています。浴衣は次第に湯上がりや寝間着という役目から、夏の普段着として変化し、現在に至っています。したがって、長襦袢や足袋は着用せず、帯には帯締も帯揚も必要ありません。

浴衣はカジュアルな服装

こうした経緯があるために、浴衣は公の場においての着用を認められていません。洋服にたとえるならば、Tシャツにジーンズ、素足にスニーカーといったカジュアルな服装であることを理解しておく必要があります。素足に下駄履きの浴衣姿で、あらたまったレストランや多くの人が集まる劇場などへは出かけないのが常識といえましょう。

着こなしの基本は着物と同じ

とはいうものの、着物の着こなしの基本という点では、浴衣も訪問着となんら変わりはありません。正しい着こなしを身につけて、着物文化を習得していきたいですね。

商品紹介

美容

ダイエット

スキンケア&コスメ

エクササイズ

健康

メンタル

ヒーリング

ファッション

アロマ

長谷川桜子 All Rights Reserved.